トップページ 商品カテゴリ お支払・配送について 特定商取引法 新着情報 お問い合わせ カートの中

注文製作承ります                                                      

商品カテゴリ
食器
湯のみ茶碗
ご飯茶碗
大皿・中皿・小皿
コーヒーカップ・フリーカップ
盛り鉢・中鉢・小鉢
急須・ポット・土瓶
片口・蕎麦猪口
花器
酒器
ぐい呑み
焼酎サーバー
灰皿・その他

お買い物の流れ
サイトマップ
特定商取引法

サイト内 商品検索
キーワード
  
価格範囲
円〜


テレビ番組・雑誌等で使われた器たちはこちら。
 


灰釉とは
唐津焼とは
備前焼とは
織部焼とは
粉引・刷毛目・御本手とは
高台の種類
陶器とは・磁器とは
瀬戸黒・天目・楽焼とは
「やきもの」の伝統的な技法

工房紹介1
工房紹介2
「やきもの」作り
梱包について
陶芸エッセイ「前略 行雲より」

 

■ 注文製作 ■

注文製作(オーダーメイド)・名入れ・ロゴ入れもお受けいたします。

詳しくはこちら。

 

 ■ 注文

■メルマガ登録■

メルマガ会員の方には、お得な割引情報をお知らせしています。

メルマガの登録はこちらから。

「こっちでも陶器屋が行く」

 

 

 

 

■ やきもの (陶器) 作り ■

 ここでは、やきもの(陶器)がどのように作られるのかをご紹介します。

 

 

 陶器の「陶器屋」 菊練り

 陶土を練ります。

作業工程で一番力のいる作業です。

最初は荒練り、続いて菊練りをします。

この作業をしっかりやらないと作品の中に空気が残り、焼成中に割れや破裂の原因になるんです。

写真は菊練りの終わったものです。

土の重量が2キロ未満と少ないので、菊のヒラヒラの数も少なめですね。

 

陶器の「陶器屋」 菊練り2

菊練りの終わった陶土を円錐状にまとめます。

 

 

陶器の「陶器屋」 玉ひき

ここでは、玉挽きをしてみます。

玉挽きとは作品を1点ずつ、ろくろに据えて作業をする事です。

玉挽きに対して、大量の作品を一度にひく方法を数挽きとか棒挽きといいます。

ここでは、何点かの同量の玉を作ります。

 

陶器の「陶器屋」 土ころし

ろくろに1個の土を乗せて、円錐状に据えます。

この後、「土ころし」という作業をします。

ろくろをまわしながら、土を上下に上げ下げするんです。

この土ころしによって、作品の中の空気を抜き、作品をろくろの中心に置けるのです。

 

陶器の「陶器屋」 ろくろ完成

いきなり完成してしまいました。

途中は手が泥だらけですので、

カメラのシャッターを押せなかったです・・・・・。

 

 

仕上げに口縁部をなめし皮で整えてから、「しっぴき」と呼ばれる切糸で、ろくろから切り離します。

 

陶器の「陶器屋」 素焼き

素焼きを待つ作品たちです。

季節にもよりますが、大体1〜2週間かけて、ゆっくりと乾燥させます。

割れないでくれよ〜。

 

陶器の「陶器屋」 化粧土

化粧の終わった作品です。

化粧土を掛ける際は、半渇きの状態で生掛けします。

刷毛や霧吹きで模様を付けたり、「粉引き」の場合はひしゃく等で流し掛けします。

失敗したら終わりなので、集中力がいるんです。

 

 

 陶器の「陶器屋」 高台1

●高台部の削りをざっとご紹介します。

 

ろくろの盤面から切り離した糸切りの跡が見られます。

 

陶器の「陶器屋」 高台2

高台の大きさを決めたら、木べらで余計な部分を落とします。

 

陶器の「陶器屋」 高台3

おおよその高台が出てきました。

 

陶器の「陶器屋」 高台4

高台下の部分を削ります。

 

陶器の「陶器屋」 高台5

高台の内部を削ります。

 

陶器の「陶器屋」 高台 完成

完成しました。

 

陶器の「陶器屋」 窯詰め 

 素焼前の窯詰めの様子です。

素焼作品はくっつかないので、重ねて焼く事ができるんです。

この場合は2回分の本焼量を素焼きしました。

 

 

陶器の「陶器屋」 温度

素焼き時の温度計です。

本焼は1250度から1280度位まで温度を上げますが、素焼きは800度前後で火を止めます。

写真は火を止める直前です。

 

陶器の「陶器屋」 窯詰め2

素焼きが終わった後の状態です。

上の写真と比べて、作品の色が変わっているのが、わかると思います。

 

窯出し後、軽くやすり掛けをしてから、手ぬぐいでホコリを拭き取ります。

 

その後、釉掛け作業に入ります。

焼き締めではない釉薬ものは、作品の外観を決める仕事なので、集中する所です。

施釉後に再度の窯詰めへと移ります。

 

 

 陶器の「陶器屋」 窯詰め3

本焼前の窯詰めの途中です。

下側に並んでいる作品は織部釉です。

写真の色は灰色ですが、本焼後は緑色に発色します。

 

陶器の「陶器屋」 緋色

作品の下側に道具土や貝殻で目土をしているのがおわかりでしょうか。

これは釉薬が流れた際、棚板と作品のくっつきを防止したり、高台部に緋色を出すための技法なんです。

 

 

陶器の「陶器屋」 窯 還元

すでに本焼中の様子です。

写真は本焼時の窯の内部の状態をさぐるため、ライターの炎を近づけて、火の倒れ方を見ているところです。

炎がやや右側に倒れていますが、これは窯の中がやや中性気味で焼かれている様子です。

酸化の場合は炎が窯の内部に吸い込まれ、還元の場合は逆に窯の中から炎が噴き出してきます。

 

 

陶器の「陶器屋」 窯 内部

焼成中の窯の内部を色味穴から見たところです。

この後、1250度まで引っ張ってから、窯内上下の温度を均一に保つため、1時間程度その温度をキープします。(これを「ねらし」と言います。)

ねらし後に焼成終了となりますが、今回は本焼開始から約20時間かかりました。

 

 

陶器の「陶器屋」 緋色2

焼成終了後、中1日かけて窯を冷ましてから、ゆっくりと窯の内部に外気を入れていきます。

外気が入ると「チリン、チリン」と作品に貫入の入る音がして、心地いいんです。

 

写真は本焼後の高台部の様子です。

釉薬が流れたり、緋色が出たりしています。

 

 

陶器の「陶器屋」 完成作品

窯から出した作品の一部です。

この場合は織部の作品なので、釉薬の表面に酸化膜という膜がはっています。

この膜を取り除くときれいな緑色が現れます。

 

その後、流れた釉薬を削ったり、高台部を整えたりの仕事を経て、完成となります。

 

 

陶器屋topへ 

 

 

■ ご案内 ■

お支払い方法

 ご注文・お問い合わせについて

●郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード決済からお選びいただけます。


●クレジットカード決済は、JCB・VISA・MASTER・ダイナース・アメリカンエキスプレスのマークの入っているクレジットカードは全てご利用になれます。

クレジットカード決済の手数料は無料です。

            

クレジットカード

●代金引換便は、クレジットカード、デビットカードもご利用になれます。(代引手数料は250円です。)

※お買い上げ合計金額5000円以上で、代引手数料250円が無料となります。

 

●郵便振替・銀行振込は振込確認後の発送となります。この場合の振込手数料はお客様にてご負担ください。
(振込口座をメールにてお知らせしますので、確認後に発送いたします。)

 

メールでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間でお受けしております。

   info@toukiya.net

 

 

送料・梱包について

ギフトについて

送料全国一律640円。(一部地域を除く)

 

●5000円以上お買い上げの方で、同一場所への発送は送料無料です。 (一部地域を除く)   

詳しくはこちらをご覧ください。

 

●梱包方法についてはこちらをご覧ください。

 

 

ギフト包装は無料です。

プレゼントやお祝い等の贈答品も承ります。 ギフト包装は無料となりますので、 ご注文時、ショッピングカート内にて記入してください。

         ギフト2

「のし」も無料です。「のし」を希望される場合は、同じくショッピングカート内にて記入してください。

 

配送について

手作り陶器について

できるだけ早くの発送を心がけておりますが、おおむね2日〜4日以内に発送いたします。

時間指定、配達日指定もお受けしています。

 

 

当店の器はすべて作家の手による手作り品ですので、 大きさ、色合い等はひとつひとつ微妙に異なります。 あらかじめご了承ください。

※写真の現物をお送りする場合は、その事が明記されています。

 

個人情報の保護について

返品・交換について

お客様の大切な個人情報を発送等の業務以外に使用致しません。また、大切な個人情報を第三者にもらすような事は決して致しません。

特定商取引法の表示はこちら。

 

 

●ご注文と異なる商品が届いた場合、配送中の事故等で、傷や破損が生じた場合には送料無料にて返品・交換させて頂きます。 (商品到着後1週間以内にお願いします。)  

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

このサイトはリンクフリーとなっております。相互リンク希望の方はこちらをご覧ください。

陶器屋」topへ



Copyright(C) 陶器屋 by陶道窯  All rights reserved