トップページ 商品カテゴリ お支払・配送について 特定商取引法 新着情報 お問い合わせ カートの中

注文製作承ります                                                      

商品カテゴリ
食器
湯のみ茶碗
ご飯茶碗
大皿・中皿・小皿
コーヒーカップ・フリーカップ
盛り鉢・中鉢・小鉢
急須・ポット・土瓶
片口・蕎麦猪口
花器
酒器
ぐい呑み
焼酎サーバー
灰皿・その他

お買い物の流れ
サイトマップ
特定商取引法

サイト内 商品検索
キーワード
  
価格範囲
円〜


テレビ番組・雑誌等で使われた器たちはこちら。
 


灰釉とは
唐津焼とは
備前焼とは
織部焼とは
粉引・刷毛目・御本手とは
高台の種類
陶器とは・磁器とは
瀬戸黒・天目・楽焼とは
「やきもの」の伝統的な技法

工房紹介1
工房紹介2
「やきもの」作り
梱包について
陶芸エッセイ「前略 行雲より」

 

■ 注文製作 ■

注文製作(オーダーメイド)・名入れ・ロゴ入れもお受けいたします。

詳しくはこちら。

 

 ■ 注文

■メルマガ登録■

メルマガ会員の方には、お得な割引情報をお知らせしています。

メルマガの登録はこちらから。

「こっちでも陶器屋が行く」

 

 

 

   

 メルマガ発行の「まぐまぐ」で、メールマガジンを発行しています。

登録希望の方は、下記のフォームよりメールアドレスを入力してください。

当店にはメールアドレスはわからない仕組みになっている上、

解除も自由ですので、安心して登録できます。

( ※ ちなみに送信元の「まぐまぐ」よりPR広告が配信されます。

当店は広告に関して一切関知しておりませんので、ご了承ください。)

 

メルマガ登録・解除

ID: 0000202906

こっちでも陶器屋が行く

 

 

バックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ

 

   

 

 

 

 

 

 

■ 2015〜2016年  陶芸エッセイ 「前略 行雲より」 ■

 

前略行雲よりは、ブログ版へ移行しました。

 

********************************

 

2016年7月5日

 『こだわり』

 

前略行雲より。

本日の熊谷は梅雨の合間の薄日デイ。

これがなかなか暑くてたまらん。

湿度が高いから蒸し暑くて、汗が止まらん状況になっている。

 

先日とある田舎の観光地に行った。

メイン通りを歩いてみると、個人商店が多いので、いろんな店が集まっている。

なんでこんないい場所で、こんなものを売ってるんだろうってな店が多い。

 

観光地って、その土地独自のものを欲しがるのが消費者心理じゃないのか。

ここまで来て、都会の文房具屋で売ってるドラエモンのノートやらシャープペンやら買うのか。

 

品揃え変えるのが面倒なのかなあ。

「もったいない」の一言に尽きる。

 

 

 

さて、今回のテーマはこれだ。

『こだわり』

 

陶芸作品ってのは、人それぞれ作風がある。

土、造形、釉薬、焼き方。これらの要素が複雑に入り交じって、

なんとなく、この人の作った作品だなってのが表現に現れてくる。

 

あえて作風を変える人もいる。

ガラッと変えることで、自分自身の飽きを脱出したいのだろう。

 

一方、作風を変えないって人もいる。

徹底的に同じ系統の作品を作り、表現していく。

これはこれで年月が経つにつれ、

こだわり抜いたいいものができてくるのだろう。

 

さて、かくいう筆者はどちらだろう。

基本的には作風を変えない派だ。

 

徹底的ってほどでもないが、ほぼ変えない。

ただ、プロとしてお客さんのニーズに答えるのも仕事なので、

あえて作風以外の品を作ることもある。

 

陶芸を始めて、しばらく作品を作っていくと、自分の好みがわかってくる。

わかってきたら、しばらくそのジャンルを追求することだ。

あれこれ変えない。

 

例えば、織部で造形にこだわったものを作りたいのなら、織部で通す。

灰釉で素直な形に惚れ込んだのなら、それで作品を作り続ける。

 

いろんな作家の個展を見たり、陶器市なんかをのぞいてみても、

作風の決まった作家の作品は迷いがない。

 

お客さんは多種多様なので、万人にウケる作品なんぞありゃしない。

 

自分は白化粧が好きだったら、徹底的に白化粧で作品を埋めることだ。

市ならテントいっぱいそれで並べる。

さすれば、白化粧好きなお客さんが集まってくる。

 

何かの商品を売る場合、いろんな品を集めて、

老若男女になんでも買ってよ商法だと、

体力(資金力)のある所には勝てない。

小さい所は商品を絞り込む。

で、質の高い、こだわったいいものを提供する。

 

ただ、言うのは簡単で、なかなかこれができない。

つい誘惑に負けてしまう。

 

隣の店であれが売れてるぞ。ウチもあれを並べよう。

あっちの店であれが売れてるぞ。それっ、ウチもだ。

 

こんな感じになっちまう。

 

陶器市で作家に聞く。

「何を作ってるんですか?」

作家「灰釉、織部、唐津、志野、化粧。最近は磁器なんかもやってるよ」

 

他の作家に聞く。

「何を作ってるんですか?」

作家「もう、志野を30年作り続けています。まだまだ奥が深いですなあ」

 

どちらの作品を買うか。

言わずもがなである。

 

 

 

 

********************************

 

 

2016年3月19日

 『囲碁が人工知能に…。』

 

前略 行雲より。

今日の熊谷は久々の晴天日。

先週の長い雨を乗り越えて、やっとお日様を見れる日がきた。

 

ところが、雨上がりの本日は花粉もすんごいです。

朝から鼻がかゆく、目はショボショボ。

花粉用の薬がないと、何もやる気がおきない今日この頃だ。

 

 

さて今回のテーマはこちら。

「囲碁が人工知能に…。」

 

昨今のニュースでみなさんもご存知かと思うが、

囲碁のプロ棋士 対 GoogleのAlphaGoという人工知能の

対戦が行われた。

 

5戦して人工知能が4勝1敗。

まさにプロを破った歴史的な対戦になった。

 

チェス、将棋と違って、囲碁は当分の間、

人工知能でもプロ棋士に勝てないだろうと言われていた。

 

ところが、予想以上の好成績。まさに人工知能(以下、AI)の圧勝となった。

 

AIか〜。難しいですよね。

本屋に行ってAI関連の書籍をチラッと見てほしい。

何やら聞きなれない用語のオンパレード。本によっては、数式バンバン。

個人的な感想としては、AI関連の研究者には、かなりのIQレベルが求められる

と感じております。

 

人間の脳という複雑な機構をコンピューター上に再現しようって言うんですから、

当然と言えば当然。

 

プログラマー的な視点で言えば、

ソフトウエアってのは、人間自体をわかってないとコードは書けません。

 

ソフトを使用するユーザーが、次に何をするかを予測してコードを記入していくのが

基本ですから。

 

ちょっと前に流行った「想定外」って言葉。

裏を返せば、ソフトは「想定内」を基準に作られているんですね。

 

例えば、あるアプリを起動する。

ユーザーは、ここに数字を入れる(だろう)。

次に、このボタンを押す(だろう)。

もしかしたら、こっちのボタンを押す(かも)。

で、最後にここに結果を表示しよう。

 

こんな調子で動いているんです。

 

なので、人間の行動を予測する。これがプログラミングの面白さでもあり、

基本でもあるんですね。

ただ、通常のソフト製作ではAIレベルまでは要求されません。

よかったですねー。

 

 

さて、その複雑なAI。

こいつもまたジャンルというか、いろんな学問体系がある。

 

その中で今回活躍したAlphaGoに使用されたのが、

「深層学習」(ディープラーニング)ってやつ。

AIの「機械学習」っていう分野の延長にあるやつらしいです。

 

「深層学習」をざっくり言うと、

最初にプログラミングをしてしまえば、

あとはマシンが勝手に学習していくってやつです

(ちょっとざっくりしすぎ。専門家の方、すみません)。

 

例えば、深層学習のAIプログラムを設定したマシンに、

YOUTUBEの動画をひたすら見せると、

人間の顔や動物の顔を認識できるとか。

 

今回の囲碁の対戦のように、

「モンテカルロ木探索」って手法を取り入れたマシンを作り、

乱数で次の一手を決め、設定済みのもう一台のマシンと

何百万回〜何千万回と対戦して、

その戦績をデータに取り、

実戦では過去データの勝率の高い攻め方で次手を決めるとか。

(ここら辺は憶測です。Googleも公開していませんので)

 

こんな具合に使えるのが「深層学習」です。

すごいこと考えますよね。

 

ここですんごいのは、次の一手に乱数を使ったってこと。

例えば、将棋の次の一手は過去の棋譜データに基づいて決めると思うんです。

いろんな棋譜をデータに入れて、この状況で「三二角」なら、「一四金」だとか。

 

ところが、囲碁の場合はそんな決め方をすると途方もなく時間が

かかってしまうようなんですね。

盤面も大きいし、陣取りゲームですから。

なんでも、パターンが10の100乗とか、どうとか。

これじゃあ、次手を決めるのに時間がかかって現実的ではないと。

 

じゃあ、どうしましょうと。

じゃあ、乱数で適当に打ってみましょうと。

 

マシンに乱数を2つ出させて、縦、横の駒位置を決めてそこに打つ。

そんなんでいいのと思うでしょうが、あなどるなかれ。

この乱数で適当に打っても、数百万回〜数千万回とやっていくと、

勝てちゃう時もあるんですね。

 

で、その勝てちゃうパターンを勝率として高い方から選んでいけば、

最善の次の一手が決まると。

 

こんなイメージでアルゴリズムを組んでいるのでしょう

(あくまでも憶測ですよ。未公開ですから)。

 

昔のマシンなら、数百万回〜数千万回の戦いなど、膨大な日数がかかったでしょうが、

マシンの計算スピードの進化がこの技法を可能にしたんですね。

 

ん〜ん。恐るべしAIですね。

これで量子コンピュータが開発されて、AIなんぞを積んだ日にはあなた。

 

すんごい未来が待っていることだけは………、

間違いない。

(あれっ。どっかで聞いたか)

 

 

 

*********************************

 

 

2015年12月22日

プログラミングって面白いの?

 

前略 行雲より。

本日の熊谷は気持ちのいい晴天日。

週中の天気予報では雨だったので、

この天気日は日頃の行動が良いからだと

勝手に解釈している。

 

昨日の夕方の風はすごかった。

よくテレビで見る「透明ビニール傘ひっくり返し現象?」に遭遇。

これかー、これがそうなのかーと、思わず空を仰ぐ。

これで頭にヘルメットでもかぶっていれば、それなりの映像はとれたのにと

若干悔やみながら、公園へ直行。

 

公園で歩き中に強風に吹かれ、行きはよいよい帰りはなんじゃらになり、

フォローの風の中、軽快に歩いている人たちを横目に、

「帰りはこわいぜー。ここらでUターンしといたほうがいいぜー」と

心の中でつぶやく。

 

イヤー、一瞬身の危険を感じるほどの強風だった。

自然をなめてはいけない。

 

 

 

さて今回のテーマは「プログラミングって面白いの?」だ。

 

陶芸屋のサイトでプログラミングとはこれいかにだが、

当方はプログラマーでもあるので、昨今のIT教育事情には

ほとほと困った感を常に感じている。

 

今やビジネスの現場ではPCやITなどといったものは必需品。

パソコンやネットが無い職業現場を探すのは

まず皆無と言っていいくらいだろう。

 

でもって、そのPCやITは何で動いているかを知っているだろうか。

そう、ソフトウエアである。

で、そのソフトウエアは何を使って作られるのか。

そう、プログラミング言語である。

 

これだけPCやITが普及している現在でありながら、

そのソフトウエアを作り出す言語が、一部の興味のある人しか使えていない

という現状がある。

 

もはや、プログラミング言語の習得は必修である。

個人的には数学や国語、英語に匹敵するくらい価値があるものだと

思っている。

 

 

さて、ここで筆者が勝手に推奨している理論に、

三角理論というものがある。

小難しい話ではないので、しばし御付き合い頂きたい。

 

かつてニューヨークは犯罪の多い街だった。

強盗や殺人などの物騒な凶悪犯罪もあり、

ニューヨーク市側でもどうしたものかといろいろ対策を講じたようだ。

 

そこで、出てきたのが三角理論である。

(たぶん、正確なネーミングは別にあるのだろう。筆者が勝手に命名しただけ)

 

犯罪を三角形に例える。

頂点が強盗や殺人などの凶悪犯罪。

底辺が地下鉄の落書きや自動車の窓割り、盗みなどの軽微な犯罪。

 

さて、頂点の凶悪犯罪を減らすのは、

三角形の全体の面積を小さくすればよいと。

そのためには、底辺の犯罪の数を徹底的に減らそうと。

 

 

これが三角理論です。

 

底辺の軽微な犯罪を減らすことで、頂点の凶悪犯罪も減るだろうという

仮説をもとに実行したわけです。

 

結果はどうでしょう。

地下鉄はきれいになり、スラム街は無くなり、凶悪犯罪も激減した。

 

三角理論は見事に立証されたわけです。

 

 

さて、この理論をIT教育の現場にも応用しない手はない。

 

頂点がビルゲイツやジョブズ、facebookのザッカーバーグなどのITの成功者たち。

第二、第三のビルゲイツを日本から輩出するには、

三角形の底辺のプログラミング教育を全校に広げる。

 

少なくても、小、中学、高校での必修科目にすると。

国語、英語なみの必修にすれば、その中から優秀な生徒は必ず出てくると。

 

その人たちが第二、第三のビルゲイツやジョブズになるはず。

 

一部のPC好きの人たちが使う言語ではなく、

必修科目にすることで、三角形の底辺の絶対数は増える。

 

結果、頂点のビルゲイツが現れやすくなるといった仮説です。

 

 

日本でトップクラスにたった野球人。

大リーグでも十分通用しますよね。

それはなぜか。

野球がほとんどの男の子がやるスポーツだからです。

 

全ての人がやるスポーツの頂点にたった人は、

世界でも十分通用するのです。

 

ITの世界でも同じことが言えるでしょう。

とにかくプログラミング言語を必修科目にする。

 

資源の無い日本の将来のために。

IT立国に負けないために。

 

行政の方たちにお願いしたい。

 

と、いささか演説口調になってきたので、ここらで

言語習得用の面白いソフトを紹介しよう。

  

名前はScratch。

 

キッズがプログラミングに興味を持つようにと、

アメリカのMITで開発されたソフトだ。

(MITとはマサチューセッツ工科大学。アメリカ、いや世界トップクラスの理系大学)

 

検索で「Scratch ダウンロード」でネットから無料で落とせる。

win、Mac、Linux版などいろいろあるようだ。

また、オンライン版ならいちいちダウンロードしなくても試せるらしい。

 

画面はこれ。

 

真ん中の画面がプログラミングをする所。

ここで設定した内容で、右側のキャットの絵柄が動き出す。

 

 

真ん中の画像をよく見てもらうとわかるのだが、

下記のように書いてある。

 

**********

 

旗をクリックされたとき

ずっと

5歩動かす

もし端に着いたら、跳ね返る

 

**********

 

これがプログラムの動かし方なんですね。

なんて簡単なんでしょう。

 

これで、右上キャット画面の上の旗ボタンを押すと、

キャットが左右に動きまわります。

 

この画面に障害物を設定してジャンプさせれば、

もう市販のゲーム系と同じになるわけです。

 

プログラムは難しくない。

楽しいんだってことをキッズの頃から教えていけばいい。

 

それで興味をもったキッズたちが、やがて英語を覚えて、

本格的なプログラミング言語に取り組んでいけばいいんです。

 

ちなみに、上の***内の処理をC言語で表すとこんな感じです。

  

無限ループってやつで、あまり芳しくはないのですが。

例題なんでよしとしましょう。 

 

さあ、レッツ、プログラミング。

当方も別の分野でこのプロジェクトを応援していきます。

 

 

※下記の動画でビルゲイツやザッカーバーグが

プログラミング教育を普及しています。

(日本語字幕がうまく表示されないときは、

パソコンにて閲覧してください。)

 

 

 

 

 

キッズ プログラミングスクールはこちら。

 

**********************************

 

 

2015年8月28日

『会話ロボット登場』

 

前略 行雲より。

 

本日の熊谷は一言でいえば涼しい。

ちょっと前の蒸し暑さに比べると非常に過ごしやすい温度だ。

天気自体はやや曇り空でイマイチだが、雨も今のところ踏ん張っている。(昼過ぎ現在)

 

先日、朝起きたら英会話がしたいなーとフッと思った

前日にテレビでIT企業の楽天のミーティング風景が写り、

全員が英語で普通に会話しているのを見て、こりゃあカッコいいと。

日常会話くらい英語でなんとかなりたいと思いながら生活していると、

タイミングよくチャンスは訪れるもんです。

 

昼飯時になったので、何か腹の足しになるものでも買おうと思い

ブラッとコンビニに立ち寄ると、

外の自転車置き場にインド系と思われる男の外人さんを発見。

 

これは英会話のお勉強に最適かと、近寄って話しかけてみた。

 

「どこから来たのですか〜。」

 

ここは日本だ。日本語で話しかけて何がわるいと開き直って、

相手の反応を待つ。

 

最初、けげんそうな顔されるかなと思ったのだが、

そんな考えとは裏腹に、満面の笑みで答えてくれた。

「インド カラ デス」

 

考えてみれば、インドは英語圏?ではないし、

英会話の練習にはならないのかも知れないが、

とりあえず外人さんなら英語がしゃべれるだろうと

勝手に思い込んでいる。

 

案の定、インドはヒンディー語が母国語で、

英語は第二言語?らしい。

 

「日本へはwhat?」

 

なんじゃこりゃ。こんな英文法は学校でも習っていない。

しかし、こんなもんでも相手には通じるもんで、

「スグソコ。ニホンゴ ガッコウデ オソワッテマス」

 

「okey,okey」

 

「オーケー」だけは何故か自信をもって繰り返し言えるのが、

英会話ビギナーの特権だ。

 

その後しばらく会話を楽しんだが、

こちらのたどたどしい日本語まじりの

EnglishならぬJanglish(勝手に和製英語)を真剣に聞いてくれた。

 

しゃべってみた感想だが、外人さん相手でも恐れることはない。

単語とジェスチャーだけで、なんとか意思は通じるものである。

 

その人とは、なんだかんだ20〜30分話し込んで、

電話番号も交換してしまった。

外人さんの友達なんぞ一人もいなかったが、

これでグローバルな人間になれる第一歩を踏み出したものと勘違いしている。

 

 

さて、前置きが長くなったが、今回のテーマは

「会話ロボット登場」だ。

 

先日、テレビ東京の番組でロボットの特集を組んでいた。

ロボットが受付にいるホテルやソフトバンクのペッパーなんかに

スポットを当てていた。

 

特にペッパーは人とのコミュニケーションを重視した会話ロボット。

ちょっと真剣に見入ってしまった。

 

「創り手」の立場から言えば、あそこまで動かすのは相当な苦労が

あったろうと思う。

 

顔認識、音声認識。どれをとっても大変な技術だ。

 

特に会話重視のロボットにとって、音声認識技術は生命線。

パソコンの音声認識が普及しないのも、万人の声、しゃべり方なんかを

コンピューターが認識するのが、いかに難しいかを物語っている。

 

人間は、はっきりしゃべる人ばかりではない。

ボソボソっとしゃべる人。声高い人。低い人。

いろんなしゃべり方がある。

 

キーボードから文字を入力させれば、これは一番コンピューターには

理解しやすい。

誰が入力しても「a」は「a」だからだ。

 

しかし、キーボードやタッチパネル入力ではロボットとしての

意味はない。

音声で会話するっていう、人としての自然な行為にこだわったのだろう。

 

番組では何組かのモニターの結果、「飽きられる」のを危惧していた。

かつてのソニーが世に出した動物型ロボットのアイボ然り。

同じパターンのみではアイボの二の舞を踏みかねない。

 

人間同士だって毎日顔を突き合わせていれば、会話も減るし、飽きもくるだろう。

ここをどうクリアするかが、この手の会話ロボットの最大の課題なのかも知れない。

 

それじゃあ、ロボットを飽きさせないいくつかの方法を考えてみよう。

 

方向性としては、ペッパーを「知的坊や」へと進化させる。これがベター。

 

1、まずペッパーを起動させるまでの、国内、海外のニュースを

自動でダウンロードさせる。

で、ラジオのように、ペッパーにそのニュースを読んでもらう。

その際は、単純にニュースを読むのではなく、

人間のように話言葉で読んでもらう。

 

「ねえ、ねえ、昨日はアメリカ市場で株価が大暴落したんだって。」

「なんでも、中国経済が影響しているらしいよ。」

 

情報通はいつの時代も重宝される。これだけで、ペッパーを買う価値ありだろう。

しかも、明るいニュースは明るく、暗いニュースは暗いトーンで

音声を変えるとなお良し。

(ちなみに、この案は普通にニュースを読むのならすぐに実現できそうだけど、

会話風となると…。プログラマ泣かせの提案です)

 

 

2、その時代に合ったお笑い芸人のギャグやトークをペッパーに真似させる。

 

「笑い」というのは重要なコミュニケーションだ。

人間同士も面白い奴ってのは一緒にいても飽きないし、

前向きな気分にさせてくれる。

ましてやペッパーの第1購入層(と勝手に思っているが)の高齢者になれば、

笑う機会も減るので、高齢な方に人気のある綾小路きみまろさん風のトーンで

扇子でも持ってしゃべってくれれば、

お笑い好きにはたまらない「おしゃべり坊や」になる。

できれば、声もお笑い風にしゃべってくれるとなお良し。

 

 

3、電子書籍のデータを取り込んで、音声で読んでもらう。

 

これは個人的に一番取り入れてほしいシステムだ。

忙しい人は本を読む時間が取れない。食事時なんかに本を読みたいのだが、

ハシや茶碗を持つと本が持てない。

なので、ペッパーに音声で読んでもらうか、

胸の画面に大きく文字を表示して読めるようにしてほしい。

で、胸の画面表示は「読んだ」とか「次へ」と言えば、次ページへと移行。

これは結構簡単に実現するシステムだと思う。電子書籍はデジタルデータだし、

そのデータを読み上げるだけってのはペッパーの独壇場だろう。

ちなみに読み上げ音声はロボットボイスではなく、声優さんなどの

声のきれいな人に読んでもらいたい。

これが搭載されると欲しくなるなー。

 

 

4、会話の返答パターンはネットに接続させて、その日の天気や世界情勢を加味し、

いろんなパターンから最適なものをダウンロードさせる。

 

昨日は、「おはよう」に対して「おはようございます」だったのが、

今日は、「おはよう」「おいっす」のパターンなんぞにする。

返答パターンを変えるのは基本中の基本だろう。

これだけネットの普及した現在、

wifi接続でデータを日々更新するのはなんのことはないはずだ。

もちろんセキュリティは忘れずに。

 

 

5、高齢者の一人暮らし用に、朝起きてからペッパーへの会話や動きが無ければ、

息子さんなどにメールで通知するシステムを導入する。

 

これはもうソフトの関係で搭載しているのかも知れないが、

もし、未搭載なら結構簡単に実現できそうだ。

 

 

6、ペッパー専用服を別売発売。

 

人間もそうだが、毎日同じ見た目だと飽きも早い。

髪型、服装、持ち物など、変えられるものは変える。

ペッパーの見た目を手っ取り早く変えるのは着せ替え人形のように

服を変えるのが一番。

あっ、マシンだから熱対策も忘れずに。

 

 

5、版権の関係で難しいだろうが、ジャイアントロボや

鉄人28号、ラムちゃんなんかのアニメ体にする。

 

コストの関係でこりゃ無理ですわな。

 

 

 

以上、パッと思いつくのは、こんなところでしょうか。

 

まだまだ家庭用ver1の段階だから、これからの進化に期待。

ペッパー ver20くらいになれば…。

  

スターウオーズのR2D2とかヨーダだっけ。

あんなロボット欲しいよなー。

 

 

 

*******************************

 

2015年5月15日

『ITと陶芸の融合』

 

前略 行雲より

 

本日の熊谷は晴天日。空気も乾燥しているので、洗濯物もすぐに乾く。

最近のここら辺の天気は非常に安定していて過ごしやすい。

 

一年中こんな感じなら快適に過ごせるのだが、

日本は四季があるからそうはいかない。

年に4度も環境が変わる。これを良しとするか、

イマイチとするかは人それぞれだろう。

 

赤道近辺の国のように、毎日暑いとか、極点近くの国のようにいつも寒いとか。

それはそれでつらいだろうなあ。

 

そう考えると、四季のある国ってのはいいことなのだろう。

 

 

畑に野菜をちょぼちょぼ植え始めている。

ナス、トマト、ピーマンの定番はもちろん、

枝豆、オクラ、トウモロコシ、スイカ、メロンなんぞを植えてみた。

 

去年はスイカが大成功で、

こんなにも甘くてうまいものが作れたってことに感動した。

 

今年はメロンに初チャレンジだ。

マスクメロンには及ばないが、

今度作る品種は初心者でも結構簡単に作れそうな雰囲気なので、

いけそうな感じがする。

これが成功したら、マスクにもチャレンジしたい。

 

 

さて、本日のテーマは「ITと陶芸の融合」だ。

 

今、このエッセイを書いているのと同時に、窯を焚いている。

窯を焚いていて一番不都合なのが、その場にいないといけないって点。

火を使ってるんだから、当然と言えば当然だが、

トイレにも行きたいし、いろいろその場を離れてやりたいこともある。

 

そんな不都合さを打破する、

「窯を絶えず監視するシステムを作りましょう」ってことで作ったのがこれ。

 

「簡易窯焚き監視システム」。おおーっ、立派な名前を付けましたな。

 

内訳はこちら。

ラズベリーパイ
(5V電源は別売。タブレットのやつで流用可)

USBカメラ

wifi子機

たったこれだけ。

 

ラズベリーパイ(以下、ラズパイ)にUSBカメラを接続して、

wifi経由でスマホで画像をとる。

 

これなら、スマホと一緒にトイレなり、食堂なり、どこでも移動できる。

こんな便利なことはない。

 

じゃあ、一丁やってみましょう。

 

ます、ラズパイにwifi子機を接続する。

で、USBカメラも接続。

接続方法は、検索すればいろいろと出てくるので、そちらを参考にしてほしい。

(いきなり、ハショッてる)

 

お次はラズパイにSSHで接続できるように設定。

ちなみに、ラズパイのOSはLinuxベースのRaspbianてものを使っているので、

Linuxのお勉強にも最適。

SSHの接続法も検索すればすぐに出るので、ご参考に。

 

一方、スマホにはConnectBotっていうアプリを入れる。

こいつで、スマホからラズパイを直接操作するので、

ラズパイにはキーボードやらディスプレイやらは一切必要ない。

 

ちなみにラズパイの画像はこちら。

 

100均のタッパーの中に入れて、窯の前にある秤(はかり)の上に置いてある。

横にあるのはラズパイに電気を供給するバッテリーのようなもの。

電源が取れればこれは要らないです。

 

スマホのConnectBot画像はこれ。

 

なにやら文字がごちゃごちゃと出ていますね。

(一応、細かいやつは消してあります)

 

こいつはターミナル画面と言って、文字ベースでやり取りするやつ。

CUIとも言いますね。

 

スマホに表示されているが、

実際はラズベリーパイの中にログインして、

ラズパイを直接動かしている。

pi@raspberrypiの横にある白いカーソルの所に

命令文を与えて実行すると、いろんなことができる。

 

よくサーバ管理者が、サーバ上にあるLinuxなんかの

OSを離れたところから制御する時に使うアレです。

 

もちろんCUIではなく、

windowsのように絵柄のあるGUI画面でも使えるのだが、

やっぱりwifi経由なので、文字ベースでやり取りした方が早い。

 

で、この後はSSHで接続してあるので、

スマホのブラウザを起動。

URL欄にラズパイのLAN内のIPアドレス+ポート番号を入れる。

 

例 192.168.0.5:8081

(ちなみにこのLAN内IPアドレスは各自の環境によって変わる。

ラズパイのIPアドレスを知りたい場合は、

この章の最後に掲載しておきます。)

 

これで、カメラ画像がスマホに表示される。

 これは窯を正面からとらえたもの。

あと、バーナー近辺もほしいですな。

 

これで窯周辺の変化は確実に写るので、

所要で移動したい時にスマホさえあれば、窯の状況は逐一わかる。

 

 

どうだろう。最近のIT技術の進化は早い。

500年前の陶工は、こんな未来を予想しただろうか。

 

じゃあ、今から500年後は…。

もっとすんごいシステムができてるんだろうなあ。

 

(当方の予想。

太陽光を電源に取る環境にやさしいクリーンエネルギー窯で、

焼成は全て全自動。

 

これらの監視など細かいことは、

陶芸ロボットが独自のシステムで遂行している。

人間は陶芸ロボットに命令を与えるだけ。

こいつは会話も可能なので、暇つぶしにも最高。

 

ん〜ん。でも多分、趣味としての陶芸は残るだろうから、

ロクロ、薪窯なんかは永遠に残るだろう。

いや、残って欲しいっす。)

 

 

 

※この「簡易窯焚き監視システム」を欲しい方は当方までメールください。

メールアドレス info@toukiya.net

(返信無いときは不着か誤削除が考えられます。

その際は再送してください。急ぎの方は電話でも可)

 

導入コストは

ラズパイ 5000円位

USBカメラ 1000円位

アプリ 無料

 

設定と技術指導料は別途頂きますが、

アドバイス程度で自力で設定できる方には無料で情報公開します。

 

窯屋さんなんかの大口注文も承ります。(窯販売の差別化に最適)

 

 

※ラズパイのLAN内IPアドレスを知りたい場合

ラズパイに接続したディスプレイでターミナル画面を開き、

ifconfig

のコマンドを入れれば、IPアドレス、その他の情報が表示されます。

 

しかし、ここではディスプレイを設置、接続するのが面倒な方への

前提なので、力づくでいきましょう。

 

まずスマホのIPアドレスを調べます。

アンドロイドの場合は、

「設定」 「Wi-Fi」

で、接続済みの欄をタップ。

 

すると、接続状況とかLAN内IPアドレスが出てきます。

 例 192.168.0.3

 

で、これはスマホのIPアドレス。

同じLAN内にあるので、

末尾の数字を変えていきます。

192.168.0.2

192.168.0.3

192.168.0.4

……

 

各家庭で起動しているパソコンやタブレットが、

10台以下くらいならこの方法で可能。

いつか当たります。

 

本章ではConnectBotでSSH接続しますが、

この時にもIPアドレスは入力します。

当方はいつもこの方法で力づくでGET。

(ただ単に、固定IPアドレスの設定が面倒なだけ)

 

 

  

 

*****************************

 

 

2015年2月21日  

『街中wifiを考える』

 

前略 行雲より。

 

本日の熊谷は晴天日。風も比較的落ち着き、畑作業してもいいかな日だ。

 

口の中を歯で噛んでしまい、痛いのなんのって。

口内炎みたいなところを噛んでしまったので痛さ倍増。

食事を前にしても、ゆっくりとしか噛めないので、通常の3倍くらい時間がかかってしまう。

そのことを親に愚痴ったら一言。

 

「噛める歯があるだけ幸せだぎゃあ」

 

少しは心が軽くなったような気がした。

 

 

 

さて今回のテーマは「街中wifiを考える」だ。

 

wifiってのは簡単にいうとインターネットに接続する手段てこと。

ネットにつなげるには主に電話回線を使用する訳だが、

スマホのように電話機能が付いているものは機器の電話を利用して直接ネットにつながる。

(wifiも接続可能)

 

一方タブレットやノートパソコンなど電話機能が無いものは、

wifiにつなげて親機の電話回線を利用しネットにつながる。

 

なので、意外とこのwifiってのは重要になってくるのだ。

 

自宅にwifiがつながっている人は多いだろう。

いちいちLANケーブルを使って部屋中配線だらけにするのは面倒だし、手間もかかる。

wifiでネット接続した方が家の中はすっきりする。

 

そんな便利なwifiだが、

その延長で外出先でも利用したいっていう人も多いだろう。

カフェなんかでは公衆無線LANとしていろんな種類のwifiを無料開放している。

(もちろんそれらを利用するには

ユーザ側で月々の定額料をしかるべき所に払うのだが)

 

当方もたまにカフェでネットにつなげていろんな作業をしているが、

店に入る時にまずwifiが使えるか確認する。

使えない所には行かない。

 

店側からすれば集客の一環として、wifiを提供するのはいい方法だろう。

インターネットがお店まで来ていれば、

アクセスポイント(親機)っていう類の機器を

買ってくれば、自前の公衆無線LANの出来上がりだ。

ユーザ側はお店に入って、その店のネット環境を利用して

インターネットに接続できる。

この方法ならユーザ側も無料で使用できるのでいい。

 

もちろん、セキュリティの観点から、

店側で使うLANには入れないように設定しておく。

今はどんな機器でも外部にスイッチが付いているので、

セキュリティONにしておけばいい。

ここさえきちんとしておけば、店側の公衆無線LANもいい宣伝になる。

 

セキュリティ云々がよくわからなければ、

詳しい人に聞くか、それ用の設備を導入すれはいい。

「店 wifi 導入」とかで検索すれば、いろんな業者がずらっと出てくる。

導入したらその旨を店内に掲示しておけば、利用客は増えるだろう。

 

 

セキュリティついでに、

先日ある番組でwifiの危険性について特集を組んでいた。

 

番組で用意したスマホでwifiにつないでから、

そのスマホの前で歌ったり、メールしたり。

その内容を別のパソコンで逐一チェックしているといった内容だ。

 

我々玄人が見ると、いささかやりすぎのような気がした。

用意したスマホは特定のアプリが仕込んであるし、

接続したwifiの親機は検証しているパソコンだし。

そこまで設定すれば、そりゃ何でもできるだろうといった感じだ。

 

知らない人が見たらいたずらに危機感を感じ、

スマホやwifiの普及に制限がかかる。

何でもそうだが、適切に機器を使えば全く問題はない。

 

番組では防御策も公開していたが、別途注意点を記そう。

 

1) まず、不要なアプリをむやみにインストールしない。

これが一番大事。

公式サイトからだといって安心できるとは限らない。

iphoneに関してはアップルがかなりきっちりと管理しているので、

いたずらアプリはまずないと思われる。

というより、そういったアプリは登録審査に落ちる。

 

一方、アンドロイドは審査無しでアプリをアップできるので、

公式でも信頼性にかけるものもなきにしもあらず。

ただ、これを言ったらきりがない。

windowsアプリはアンドロイド同様、何でもありの世界だ。

普及スピードを高めるには多くのデベロッパーがアプリを無料で作って、

ネットにアップし、その結果多くの人が利用する。ここが大事だ。

普及を選ぶか、ガチガチに固めたセキュリティを選ぶかの論争になってしまう。

 

しいて言えば、安全なアプリかどうか見極める方法として、

そのアプリを作った人が、きっちりと名前を公開しているかどうか。

匿名で作ったアプリはちょっと警戒した方がいいかもしれない。

とはいっても、匿名アプリでいいものもたくさんあるのだが。

 

 

2) wifiにつなげる時は信頼のおけるアクセスポイントを利用する。

自分が契約しているwifiのアクセスポイントを使うのが一番。

鍵マークの情報は暗号化されるのでさらに安全。

 

自宅のwifiは一番安全。お店の公衆無線LANもまあいいでしょう。

但し、お店に限らず外出先のwifiに接続するなら、

銀行やクレジットカードなどの重要な情報のやり取りはしないこと。

そういった大事な情報は自宅wifiで行うか、

外出先ならwifiを使わずスマホの電話を利用したネット接続で行う。

外でのwifiはホームページを見たり、ラインでたわいもない話をしたりの、

誰に見られても問題ない内容のみにする。

 

 

3)スマホなどのwifi設定で、自動接続にしない。

これは先ほどのテレビでもやっていたが、自動でwifiに接続する設定にしてあると、

いたずらアクセスポイントにつながってしまうことがある。

wifiをつなげる時は必ず接続先の名前を確認して、手動でつなげるようにする。

で、上記でも述べたように、重要な情報は流さない。

 

 

この3つを注意すれば外出先でのwifi接続も安心だ。

電話回線接続での無駄な出費を節約し、

無料wifiをどんどん利用していこう。

 

………

 

さて、今回はwifiについて考察してみたが、

考えてみればこれほどすばらしい技術はない。

 

いつでもどこでもネットにつながり、必要な情報を与え享受できる。

wifiが今以上に普及し、外出先なら電話回線を使わずに、

どこでもネットにつながる社会。

そんな未来が近い将来やってくることを期待したい。

 

 

 

 

*******************************

 

2015年1月13日 

『アイドルの売りパターン』

 

前略 行雲より。

今日の熊谷は晴天日。

風は強いが空気は乾燥し、洗濯物を干せば必ず乾くでしょう日だ。

 

キーボードを打ちながら、公園でウォーキングしたいなあなんて考えている。

歩きながらキーボードが打てる時代。

もうほんのそこまで来ているような気がしてならない2015年の一発号である。

 

 

さて、今回のテーマは「アイドルの売りパターン」だ。

 

当方、全く音楽関係にはうといし、アイドルにはほとんど興味がない。

AKBグループなんかはテレビでちょいちょい見るので、

何名かの名前が言えるくらいの知識量。

そんな陶芸屋がアイドルうんぬんを語るのもいささか場違いの様な気がするが、

全く畑違いだからこそ見えるものもある。

と、強引に書きネタの理由付けをしといて、早速考察してみよう。

(ちなみに下記の考察はグループを仮定とする。単独のタレントは考察外)

 

まず、CDの主力購買層である10代〜20代の男女をターゲットにした場合、

アイドルは商品として非常に魅力のある素材である。

 

若い世代にテレビできれいな異性を見せれば、

CDを買ったり、コンサートに出かけたりの需要は間違いなくある。

 

では、星の数ほどあるアイドルの中で、どのように売り出すのだろうか。

この辺は事務所の力関係がかなり強く影響するのではないかと考える。

 

まず、アイドルに限らずタレントを売るのに一番手っ取り早い方法は

テレビに出ることである。

テレビに出て、自分の名前とキャラクターを視聴者に覚えてもらう。

これが一番簡単。

 

タレントに個性があれば直良し。

もともと事務所と契約を結べた位の人物だから、

なんらかのセールスポイントは必ずあるはずだ。

その売りポイントをテレビの出演権を握っている人物に積極的にアピールする。

事務所の営業マンの腕の見せどころだ。

 

ここで大手の事務所だとたくさんの著名なタレントを抱えているので、

セット出演させられる。

メインのタレントさんにはギャラを払うけど、

一緒に付いてきたタレントさんは、無料か少額で出演させる。

要は宣伝させてもらうっていう戦術。

 

これが中小の事務所だとそうはいかない。

メインのタレントさんが少ないか場合によっては居ないこともあるので、

バーター作戦は通じない。

ん〜ん、きびしい。

やはり大手に所属するのが一番なのだろうか。

 

一方、昨今のアイドルの売り方で顕著なのは、「大人数」ってのがキーワードだ。

 

数名のメインボーカルとダンサーを配置して、

その周りにこれから売り出したいタレントを配置する。

メインのグループにはすでに数千名のファンが付いているので、

周りの新人タレントにも当然目が向かう。

で、知名度が上がってきたところで、いよいよデビューさせる。

この戦術が一番固いのだろう。

 

あるいは、メンバーをどんどん入れ替えて、ファンを飽きさせない。

古いメンバーを卒業させて、新しいメンバーで活性化させる。

宝塚なんかが一例。

毎年新メンバーを入れて、旧人は卒業させて、〜組は永遠に継続させる。

結果、どうしても大人数にならざるを得ないという図式。

 

タレントさんが将棋の駒みたいになってるけど、仕方ないんだろうなあ。

タレント側から見れば、事務所の力で宣伝してもらって知名度を得たんだから、

後は自分の個性を視聴者に売って、

独立してもやっていける技量を磨くしかないんでしょう。

厳しい世界だから、仕方がないのかな。

 

メンバーの中で個性の豊かな人は、

どんどん単独でテレビに出演させる方法もあり。

バラエティ番組では笑いが取れたり、

スポーツができたりすれば、出演機会も増えるでしょう。

知性的なタレントなら司会や情報番組への出演もよくあるパターンだ。

ここでも大手の事務所の力があれば有利だろう。

 

さて、ここでまとめてみよう。

 

アイドルを売り出すには、

 

1、テレビに出る。

 

2、グループを大人数にして、見る人にパンチを与え飽きさせない。

(ここで重要なのはメインのタレントと、

脇を支えるタレントをきっちりと区別するのがベター。

でないとファンはポイントを絞れない)

 

3、個性的なキャラの持ち主は単独でテレビ出演させて、グループの宣伝も兼ねる。

 

こんな所が売り出す一定のパターンだろうか。

 

さて、我々位の世代になると、テレビに出ている人たちより、

その裏方の事務所の経営陣側の戦術が気になってくる。

あー、こうやって売り出すんだとか、

こんな方法もあったのねっていう面白い売り出し方を見ると、

誰が仕掛けているのかなってことになる。

仕掛人は誰々なんだってのがわかると、

道理でうまい方法だもんなって納得したりする。

芸能の世界の売り出す戦法は興味が尽きない。

 

そんな経緯で、どうやってアイドルを売るのが固いのか、

売り方に一定パターンがあるのかを考察してみた。

 

実際の現場では、もっと奥深いんでしょう。

「んなことはとっくにわかってらー」の声が聞こえてきそうなので、

門外漢は、ここら辺で失敬しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ご案内 ■

お支払い方法

 ご注文・お問い合わせについて

●郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード決済からお選びいただけます。


●クレジットカード決済は、JCB・VISA・MASTER・ダイナース・アメリカンエキスプレスのマークの入っているクレジットカードは全てご利用になれます。

クレジットカード決済の手数料は無料です。

            

クレジットカード

●代金引換便は、クレジットカード、デビットカードもご利用になれます。(代引手数料は250円です。)

※お買い上げ合計金額5000円以上で、代引手数料250円が無料となります。

 

●郵便振替・銀行振込は振込確認後の発送となります。この場合の振込手数料はお客様にてご負担ください。
(振込口座をメールにてお知らせしますので、確認後に発送いたします。)

 

メールでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間でお受けしております。

   info@toukiya.net

 

 

送料・梱包について

ギフトについて

送料全国一律640円。(一部地域を除く)

 

●5000円以上お買い上げの方で、同一場所への発送は送料無料です。 (一部地域を除く)   

詳しくはこちらをご覧ください。

 

●梱包方法についてはこちらをご覧ください。

 

 

ギフト包装は無料です。

プレゼントやお祝い等の贈答品も承ります。 ギフト包装は無料となりますので、 ご注文時、ショッピングカート内にて記入してください。

         ギフト2

「のし」も無料です。「のし」を希望される場合は、同じくショッピングカート内にて記入してください。

 

配送について

手作り陶器について

できるだけ早くの発送を心がけておりますが、おおむね2日〜4日以内に発送いたします。

時間指定、配達日指定もお受けしています。

 

 

当店の器はすべて作家の手による手作り品ですので、 大きさ、色合い等はひとつひとつ微妙に異なります。 あらかじめご了承ください。

※写真の現物をお送りする場合は、その事が明記されています。

 

個人情報の保護について

返品・交換について

お客様の大切な個人情報を発送等の業務以外に使用致しません。また、大切な個人情報を第三者にもらすような事は決して致しません。

特定商取引法の表示はこちら。

 

 

●ご注文と異なる商品が届いた場合、配送中の事故等で、傷や破損が生じた場合には送料無料にて返品・交換させて頂きます。 (商品到着後1週間以内にお願いします。)  

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

このサイトはリンクフリーとなっております。相互リンク希望の方はこちらをご覧ください。

陶器屋」topへ



Copyright(C) 陶器屋 by陶道窯  All rights reserved