灰釉とは

灰釉とは木々や藁(わら)の灰を原料として釉薬を作り、

それらを掛けて焼かれた陶器のことです。

 

釉薬そのものを指して呼ぶこともあります。

焼締めは釉薬をかけず、土そのものを焼いた品で、

それらに薪などの灰がかぶったものを灰被りと呼びます。

 

灰釉はこの灰被りを意図的に応用したもので、

灰に長石などを混ぜて、器に掛けることにより、

水や油分から器体を保護したり、装飾の役目も果たします。

 

その結果、

侘びのある落ち着いた雰囲気と、

土の持つ個性を引き出してくれる作品に仕上がります。