織部焼とは

桃山時代の茶人、古田織部の好みにより焼かれたといわれる

美濃の陶器を織部焼と呼びます。

 

釉薬には銅を主成分にした緑釉を用いられる事が多いのですが、

鉄を材料にしたものも見受けられます。

 

青織部、鳴海織部、黒織部、織部黒などがあり、

形状にモダンで複雑な形が見られることから、

作家の創作意欲をかきたてるやきものです。