割れたやきもの、漆でくっつけるぞ。

以前から使っていた急須のフタを割ってしまった。
買い換えればいいのだが、長年使っていた急須で、それなりに愛着がある。
なんとか復活させたいと思い、漆でくっつけることにした。

会員さんに漆をもらい、直しモードに入る。

割れたフタはこんな感じ。
kimg1678

庭先の枝の先端をカットし、へら状にする。
これで漆をすくって、割れた部分になびってやろうと。
kimg2003

くっつけ作業に入るが、のり状になってないので、くっつきが悪い。

なんでも漆に小麦粉を水で溶いたものを混ぜた方が粘っていいらしいの
だが、作るのが面倒だったので、漆のままなびってしまった。

やはりマニュアル通りにいくべきだったか。

なびった様子。
kimg2004

とりあえず、くっつきが悪いながらもなんとか形になる。

はがれない様にセロテープで補強する。

で、できたのがこちら。
kimg2007

このまんま、1ヶ月も置いておけば何とかなるだろうと勝手に解釈。
さて、くっつきますかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です